今更ながら改めて確認しておきましょう。
仏壇はどういう役割でなんの目的で絶対に必要なのか

カテゴリ:【 仏壇

小さい頃からお仏壇に馴染みがある方などでない場合、そもそもお仏壇はどういう目的なのか、そして、そもそもお仏壇自体必要なのか?と悩む方も多いと思います。

ここでは、そういう方向けに、そもそものお仏壇とは?という事について、解説していきたいと思います。

既にご存じの方もおさらいという事で改めてみていっていただければと思います。

スポンサードリンク

お仏壇の目的は家の中にお寺を設置すること

お仏壇の始まりは飛鳥時代と言われており、江戸時代になって広く普及したと伝えられています。
最古のお仏壇は、歴史の教科書にも出ている「玉虫厨子」と呼ばれるお仏壇になり、法隆寺にて保管されており、現在では国宝とされています。

そもそもこの「お仏壇」とは、私たちの家の中に設置するお寺として考えられています。
そして、そのお仏壇に信仰の中心となる御本尊を祀るのが常とされてきました。

ところが、現代では信仰の中心となる御本尊だけでなく、御先祖様のお位牌も祀る事が多いことなどから、現代では信仰の中心の御本尊を祀る事だけでなく、御先祖への感謝の念を伝えたり、対話するための場所として考えられています。

このように本来の目的に現代のライフスタイルに合わせて、多少はお仏壇の目的というのも変わってきています。

とはいえ本来のお仏壇の目的としては、家の中のお寺を作る事とされています。
そのため、お仏壇の最上段は、御本尊を祀るために必ず他よりも一段高くして安置するための場所が設けられおり、須弥壇(しゅみだん)と呼び、ここに本尊を祀ります。

余談ですが、この須弥壇は仏教でいう須弥山(しゅみせん)からきており、興味のある方はぜひ調べてみましょう。

寺院に行った事がある方ならおわかりいただけるかと思いますが、寺院でも、華やかで美しい装飾された須弥壇の上に御本尊が安置されています。

仏壇は家の中のお寺ですから、お仏壇の「須弥壇」にも御本尊を祀ります。
そして、御本尊に御先祖が守られていると考えられる事から、一段下に位置する位牌壇に御先祖のお位牌を祀るのが一般的です。

では、お仏壇は本当に必要なものなのか

極論を言えば必要・不要かはその人次第でもあります。
昔ではお仏壇を家に設置するのは「当たり前」の時代でしたが、現代では家に仏壇が無いという方も多くなってきています。

ですが、仏壇の必要性として挙げるのであれば、下記の3つのポイントが挙げられます。

心のよりどころとして

昔の日本では、今では考えられないかもしれませんが、朝に神棚を拝んでお仏壇に向かって御本尊と御先祖に合掌と礼拝をして、お経を読むというのが一般的でした。

これは、合掌礼拝をしたりお経を読んだりし、仏様に心を向ける事で、心に安らぎをもたらせてくれます。

先祖供養する大切な場として

現代では色々なものが情報化され趣味なども多様化し人間関係だけに留まらず家族関係ですら希薄化しつつあります。

そもそも人間は没後30年は正月や盆、そして命日などにこの世に戻ってきて子孫と交わることができると言われていますので、三十三回忌までは温かくもてなしてあげるようにしたいものです。

御先祖に感謝を伝え礼拝をし祈る事は過去から未来の自分の子孫へ繋げて行くためには非常に重要でもあります。

お寺にお参りに日々行くのは難しいものです。
だからこそ家の中のお寺の役割を持つお仏壇が家にあれば毎日お参りしやすくなります。

今は亡き親族との対話の場として

今ではお仏壇にご両親や家族の位牌を祀るという方も多くいます。
また、亡くなられても、どこかで自分を見守ってくれていると考えるのはおかしな事ではなくむしろ、自然な事と言えます。

何か良い事、嬉しい事があった時に報告をしたり、嫌な事があったり悲しい事があったときに聞いてもらう場として、故人の写真や位牌に手を合わせて会話をしたりする事で、心も落ち着きを取り戻せます。

家にある仏壇を通して、亡き人が見守ってくれている、大切だった亡き人と会話をできるというのは、残された家族にとって、これから生きる勇気を与えてもらえますし前向きにもなれます。

今はお仏壇が不要と思われる方も増えてきてはいますが、今では多様な生活スタイルに合わせた仏壇も作られており、小さめのお仏壇などもありますから、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。


【PR】ひだまり仏壇

お盆時期やお彼岸に合わせて、仏壇や仏具・位牌を揃えるなら、“ひだまり仏壇”さんが必要なものから徹底解説までされていておすすめです。
お仏壇やお位牌・各種仏具のネット通販専門店|ひだまり仏壇

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事を読んだ人におすすめの記事

仏壇仏具、特に位牌は何でも屋ではなく専門店で買わなけれないけない理由
仏壇や仏具に関して、今ではネットショップが人気な事もあり、多くの販売業者が登場しています。 老舗の店舗から、ベンチャー企業的なところまで多数登場しています。 ですが、この仏 ...

お仏壇の買い換え時の処分や閉眼供養・魂抜きからお炊き上げの手段や方法と注意点
1つのお仏壇をずっと使い続けられれば良いのですが、住宅環境の変化や生活環境の変化に伴い、買い換えが必要になってくる場合もあります。 そんな時、家具などであればそのまま捨ててし ...

見た目が同じ仏壇でも名前が違うという時に同じ仏壇かどうかを調べる方法
前回の記事で、同じお仏壇でも販売店やチャネルが変わってしまうと名前が変わることがあるといった事を記載しました。 https://www.butsudannavi.com/re ...

お仏壇の値段の相場・目安と通販と店舗の販売価格の違いについて
実際にいざ自分が購入してみようと思った時、お仏壇に限らず何でもその市場の価格帯などを知って高いか安いかなどを判断する方も多いと思います。 お仏壇に関しては普段の生活ではあまり ...

家にお仏壇を2つ置く場合やお仏壇を1つにまとめる時の注意点と方法
お仏壇は一般的に一家に1つと考えられている事が多いですが、夫側、妻側とそれぞれのお仏壇を1つずつ置く、置きたい、置かなければいけないといった環境も少なくありません。 実際に私 ...


Page Top