春のお彼岸・秋のお彼岸の期間についてや
迎えるための準備や御供えについて解説しています

カテゴリ:【 仏事などの解説

日本においてはお盆という期間がありますが、それと同じくらいにお仏壇関係者が忙しくなる期間が「お彼岸」です。

よく仏壇店などで働いている方はお彼岸までに揃えたいといった事を言われる事が多くあります。

ですが、実際にいざお仏壇に手を合わせている方でなければ、あまりお彼岸というのを意識する事はありません。

そもそも、お彼岸には春のお彼岸と秋のお彼岸があるという事すら知らないという人もいます。
今回はそんなお彼岸について、いつからいつまでなのかという期間や、お彼岸の迎え方とその準備について簡単に解説してみたいと思います。

そもそものお彼岸について

語源としてはサンスクリット語のパーラム、パーラミターの意訳で到達・成就といった意味があり彼岸に至る=悟りを開くための超えるべき川の向こう岸に、いわゆる「涅槃(悟りと同じ意味で煩悩の無い世界)」があるとされています。

春分の日と秋分の日は昼夜の長さが同じになります。
仏教ではあの世は西に存在すると考えられており、太陽がこの春分・秋分の日には真西の方角に沈む日になります。

こういった事があり、この秋分の日と秋分の日は、この世とあの世の距離が、最も近くなる日と考えられており、このお彼岸の期間に、供養をしっかり行う事によって、極楽浄土へ行けると考えられています。

ただし、お彼岸自体は日本仏教のみに存在するもので、世界各国にある仏教にお彼岸というものは存在しません。
日本では、この時期にはお墓参りをして墓石を掃除したり、お仏壇を掃除したり、馴染みのあるお寺の彼岸会(ひがんえ)と呼ばれる法要に参加したりします。

お彼岸の時期と期間

まず、お彼岸と一言で言い表しても実際には2種存在します。
それが、「春のお彼岸」と「秋のお彼岸」になります。

一般社会ではお彼岸よりも、「春分の日」と「秋分の日」の方が祝日でもあり馴染みがありますが、実はあの日がお彼岸の期間でもあるのです。

もう少し細かく言えば、それぞれ下記のような名称が使われます。

名称 説明
彼岸入り お彼岸が始まる日。いわゆる最初の日
彼岸中日 お彼岸の中日。いわゆる春分の日、秋分の日
彼岸明け お彼岸が終わる日。いわゆる最後の日。

こう呼ばれています。
お彼岸は「春分の日」や「秋分の日」を中心として、その前後3日間がお彼岸に当たります。

2019年のお彼岸

春のお彼岸

彼岸期間 3月18日~3月24日
彼岸入り 3月18日(月)
彼岸日(春分の日) 3月21日(木)
彼岸明け 3月24日(日)

秋のお彼岸

彼岸期間 9月20日~9月26日
彼岸入り 9月20日(金)
彼岸日(春分の日) 9月23日(月)
彼岸明け 9月26日(木)

2020年のお彼岸

春のお彼岸

彼岸期間 3月17日~3月23日
彼岸入り 3月17日(火)
彼岸日(春分の日) 3月20日(金)
彼岸明け 3月23日(月)

秋のお彼岸

彼岸期間 9月19日~9月25日
彼岸入り 9月19日(土)
彼岸日(春分の日) 9月22日(火)
彼岸明け 9月25日(金)

簡単にまとめれば、祝日を中日として前後3日になります。
ただ、春分の日・秋分の日というのは、実は明確に○日がそうと決まっていません。

毎年2月に来年の祝日が確定されるため、2018年のお彼岸の日程は、2017年の2月に、2019年のお彼岸の日程は、2018年の2月に、2020年のお彼岸の日程は、2019年の2月に決まるという形になります。

お彼岸の迎え方と準備や御供えについて

語源としてはサンスクリット語のパーラム、パーラミターの意訳で到達・成就といった意味があり彼岸に至る=悟りを開くための超えるべき川の向こう岸に、いわゆる「涅槃(悟りと同じ意味で煩悩の無い世界)」があるとされています。

春分の日と秋分の日は昼夜の長さが同じになります。
仏教ではあの世は西に存在すると考えられており、太陽がこの春分・秋分の日には真西の方角に沈む日になります。

こういった事があり、この秋分の日と秋分の日は、この世とあの世の距離が、最も近くなる日と考えられており、このお彼岸の期間に、供養をしっかり行う事によって、極楽浄土へ行けると考えられています。

ただし、お彼岸自体は日本仏教のみに存在するもので、世界各国にある仏教にお彼岸というものは存在しません。
日本では、この時期にはお墓参りをして墓石を掃除したり、お仏壇を掃除したり、馴染みのあるお寺の彼岸会(ひがんえ)と呼ばれる法要に参加したりします。

お彼岸の準備や御供え物

基本的に準備としては、先ほども書いた通りお仏壇・仏具のお手入れやお掃除を行います。
また、墓石がある場合はお墓のお掃除も行います。

御供えに関しては、お彼岸の御供えは基本的に春が「牡丹餅」秋が「おはぎ」になります。
これは、春のぼたもちはが春の花でもある牡丹の花にちなんでおり、おはぎは秋の花である萩の花にちなんでいます。

御供えした後は自分たちでしっかりといただきます。
御供えしたものを自分たちが食べる事で、神仏力を自分たちに取り込むといった意味も込められています。

また、今の時期春のお彼岸も秋のお彼岸の時期も、年度によっては非常に暑い時期もあります。
ぼたもちもおはぎも生モノですから、そのあたりについてもしっかりと注意をしておきましょう。


【PR】ひだまり仏壇

お盆時期やお彼岸に合わせて、仏壇や仏具・位牌を揃えるなら、“ひだまり仏壇”さんが必要なものから徹底解説までされていておすすめです。
お仏壇やお位牌・各種仏具のネット通販専門店|ひだまり仏壇

この記事を読んだ人におすすめの記事

お仏壇の毎日のお参り。朝や昼、寝る前の御供えや宗派の違いはあるのか
お仏壇を初めてご自宅にお迎えしてから心配になるのが、毎日のお参りのことです。 実家などに安置されているお仏壇については、朝昼夕とねんごろに供養を行うイメージがありますが、実際のとこ ...

お盆とは?期間や迎え火/送り火/盆提灯などお供え仏具や準備と宗派の違い
日本人のDNAに深く刻み込まれている先祖供養への意識は、お盆という行事によって、地域ごとに形を変えて伝えられてきました。 諸々の違いこそあれ、その根底には先人への尊敬の念が引き継が ...

水子供養とは?必要?その手順や方法と仏壇や位牌の選び方
新しい命を授かった喜びもつかの間、産まれるはずだった命が遠くに旅立ってしまったとき、人はその無常さに深い悲しみを覚えます。 しかし、悲しみを振り切り新しい生活に戻るためには、何らか ...

お仏壇の継承・引き継ぎ – 相続と祭祀財産や長男と祭祀継承者の問題などの解説
お仏壇と言えば昔なら一生に一度のお買い物と言えるほどに、どの家にも仏壇があった時代であったと言われています。 しかしながら、今の現代においては様々なライフスタイルが変化しました。 ...

お盆はお仏壇に提灯が必要?お仏壇と合わせる提灯の選び方や注意点
お盆の時期、日本の軒下・縁側・お仏壇前などで見かけるのが「提灯」です。 提灯に関する文化は、日本で独特の進化を遂げてきましたが、盆提灯の習慣は特に日本的なものの一つとして数えられる ...


Page Top