仏具の中でも最も一般的とも言える「おりん」
そのリンの意味や役割と正しい鳴らし方について解説

カテゴリ:【 仏具

お仏壇や仏具の事を何もしらなくても、この仏具の事はわかる、聞いた事があるし昔よく鳴らして怒られたなんて人も多いのではないでしょうか。

よくチーンと鳴らすやつといった事で表されますが、仏具の1つで「鈴(りん)」と呼ばれます。
仏壇屋やネット上などでは、すずと見間違えたりしないように、「りん」や「リン」とひらがなおよびカタカナで表記される事が多いです。

よくある仏具ではあり、誰もが簡単に打てば鳴りはしますが、実際には正式な鳴らし方などや宗派によっての違いなどもあったりしますのでこれを機会に覚えておきましょう。

宗派によっては、鏧、鈴、鐘と呼び名が変わる場合もありますが、当サイトでは便宜上すべて、「リン」「おりん」と表記します。

そもそも、リンとはどういうものかをおさらい

先ほども簡単に解説してきましたが、リン、おりんについて見ておきましょう。

仏前で手を合わせる前にチーンと鳴らし、非常に澄み渡った音を出す仏具です。
作りは多くが金属製で、鈴形になります。

リンには今では様々な種類が存在しています。
昔からよく見るタイプのオーソドックスなものから、パッと見ただけではリンと判別できないデザインにこだわったものまで多種多様になってきています。

仏壇用の仏具としてでは、お仏壇のサイズに合わせてリンのサイズも選び、多くが7cm~15cmほどのリンが主流となります。

リン台やリン布団とリン棒とのセットが一般的

リンとはお椀の形をした鈴の部分だけを言いますので、それだけでは、いわゆるチーンとは鳴らしにくくなります。
そのため、専用の鳴らす棒のようなものがあり、リン棒を呼ばれる仏具を使って鳴らすのが一般的です。

また、おりんそのものを仏壇の上に置くのではなく、その間にリン台と呼ばれる台を置くのが一般的です。
さらに、リンとリン台の間に、傷を付けたりしないようにもクッション的な役割ともなるリン布団と呼ばれる中敷きを敷いて使われます。

多くの仏壇屋さんでもセットでこれらが用意されている事がほとんどで、買い換えなどでどれか1つだけといった場合でない限りはセットで買えるようになっています。

そもそものリンの役割とは

もとはこのリンというものは禅宗で使われていたとされています。

今では呼び名などは宗派によって一部変わったりする事がありますが全ての宗派で現在でも使われている仏具になります。

鳴らせば澄み渡る「チーン」という音が鳴りますが、この音によって人々の邪念を払うと言われているのです。

さらには、この音にのせて、供養や祈りを極楽浄土に届けるといった事も言われていますので、御先祖様や仏様、故人への思いをしっかり込めて鳴らすようにしましょう。

小さい頃に祖父母の家などで音が面白くチーンチーンと鳴らしていて怒られるのもこういう意味からでもあります。

リンは無闇矢鱈に打つものではない

よく法事や法要などで、線香を立ててリンを鳴らしてお仏壇に手を合わせて合掌しお祈りするといった場面は一般的に思うかもしれませんが、実はこれは正式に見てみると間違った作法となります。

厳密に言えば、リンは読経の際に使われます。
そのため、合掌や礼拝、御焼香の際に鳴らすものではありません。

実際には経本を読む際に鳴らしますが、リンを鳴らす(打つ)箇所がしっかりと指示されており、はじまりや区切りにリンを鳴らします。

リンの正しい鳴らし方、打ち方

おリンはそれ自体どこを打っても音が鳴ります。
そのため、適当に打って鳴らせば良いと考えて居る人もいますが、しっかりと鳴らし方というものも存在します。

リンを鳴らす際には、必ずリン棒や撥の専用の仏具を使って打ち鳴らします。
鳴らす場所としては、リンの縁を叩いて鳴らしますが、宗派によっては内側を叩くという宗派もあります。

先ほども述べたように、読経の始まりや途中、終わりに鳴らされますが、読経が無い場合には鳴らさなくても問題なく、必ずしも鳴らさなければいけないといった事はありません。

とはいえこのあたりは厳密に宗派によって変わってきますし、同じ宗派でもお寺によっても変わってきます。
始めに2回、途中1回、最後に3回といった場合もあれば、始めに2回、途中で2回、最後に3回といた場合もあります。

場合によっては先ほど述べたのと真逆の読経をしなくても鳴らすとしているところもありますので、鳴らし方、鳴らす回数、鳴らすタイミングなどは檀家寺に一度はご相談しておくと良いかもしれません。

とはいえ、やはり大切になるのがどういう鳴らし方、鳴らす方法をとるかではなく、しっかりと手を合わせてお参りする事でもあります。

鳴らし方を正確に知っているのに何もしない人よりも、多少鳴らし方は違えど心がこもった毎日のお参りを欠かさない人では意味会いも変わってきます。

もちろん、全て知った上で毎日お参りできるのが理想ではありますので、知って毎日のお参りもしっかりできるようになっておきましょう。


【PR】ひだまり仏壇

お盆時期やお彼岸に合わせて、仏壇や仏具・位牌を揃えるなら、“ひだまり仏壇”さんが必要なものから徹底解説までされていておすすめです。
お仏壇やお位牌・各種仏具のネット通販専門店|ひだまり仏壇

この記事を読んだ人におすすめの記事

葬儀屋ですすめられる仏壇や位牌や仏具は買っても大丈夫?
お仏壇や位牌などを買う際いろいろな買い方があります。 仏壇店へ行ってみたり、ネット通販で見たりというのが今の主流な買い方の1つですが、それ以外に葬儀をお願いしたところから紹介しても ...

仏具の火立(灯立・燭台・ロウソク立て)の意味・役割や選び方と火の扱いの注意点
お仏壇の中に置く仏具には色々な種類の仏具がありますが、その中でも基本となる仏具の1つでもあるのが「火立」です。 火立は仏具の基本にもなる三具足と呼ばれる中にも含まれるとおり、仏具 ...

仏壇に活ける仏花 – 生花と造花と常花のルールやいまどきの話
仏壇に置く仏具の中でも必須仏具の三具足の1つに花立があります。 この花立は、名前の通り、お花を供えるためにその支えとして使う仏具になります。 ここで、多くの人がふと疑問にわく事と ...

仏具5点セットや仏具6点セットは具足のセットと何が違うのか
以前に仏具の基本となるのが具足ですと解説しました。仏具の具足について しかしながら、実際に仏具を仏壇店などで探すとわかるのですが、具足セットはもちろんあるのですが、それとは別に、仏 ...

吊仏具の瓔珞や灯籠、天蓋、輪灯の意味や役割と選び方や宗派の違いについて
お仏壇に祀る仏具には様々な種類があります。 ほぼ全ての仏壇に祀るような仏具もあれば、特定の時だけや、昔ながらの伝統的な本格的な祀り方の時に使うものもあります。 今回は、そんな中で ...


Page Top