お仏壇を楽天ショップから買うのはお得?
値段が安くてもお店が無くなったりしないか要注意

カテゴリ:【 仏壇 , 通販での購入

今ではお仏壇に限らず位牌や仏具も色々な買い方があります。
少し昔であれば仏壇店まで足を運んで色々相談して買うのが主流でしたが、今は通販も主流の1つになりました。

そのため、大手仏壇店から小さな専門店までこぞってネット通販に参加しています。

そんな時に時折質問がくるのですが、楽天やAmazonの中の仏壇ショップで買っても大丈夫か?という質問ですが、月に数件はいただきますので、この機会にまとめてみました。

あくまでも管理人個人の話になりますが、楽天内の仏壇店やヤフーショッピングやAmazonなどの通販サイトで買うのはできれば避けた方がいいと感じています。

スポンサードリンク

実は楽天店の仏壇屋さんはいなくなる事も多い

今ではネット販売などが主流の販売の1つになってきたため、大手のお仏壇屋さんから小さな専門店まで多くがネットに出店したりしています。

その中のネット通販と言えば、Amazonか楽天のどちらかが今の日本では大きな販売チャネルとなっています。

そのため、いざネットショップを作ろうと思った時、自分達だけで立ち上げるよりも楽天やAmazonなど予め人が集まるところで販売したほうが売りやすいといったメリットがあります。

ですが、実は知らない人も多いかもしれませんが、楽天内のショップは新規出店も非常に多いのですが、それと同時に人知れず閉店しているお店もたくさんあります。

楽天に出店しようと思うと、当然ですが楽天側などもビジネスのためお金を取ります。
そのため、小さな規模のお仏壇屋さんにとっては、ネットショップが魅力だという事で出店などをしたりする事もあります

小規模仏壇店には楽天は結構厳しいお財布事情

そもそも楽天などに出店するという場合、無料ではなく何もしなくても月額の固定費用がかかります。

いくらかかるかは楽天内のプランによって変わるのですが、毎月で数万円~が必要になります。
これだけに限らず、色々なオプションを付けたり、売れた商品から数%のマージンを取られてしまいます。

楽天に店舗を出す場合は何もしなくとも年間で50~200万円近い費用が必要になりますし、売れたら売れたでその売れた金額からも合計したら5%~10%近いマージを抜き取られます。

そのため、数を売ってなんぼの世界になりがち、楽天のショップにおいては、完全にいわゆる「勝ち組」と「負け組」が出来てしまいます。

こうなってくると、実は非常に良い商品を扱っている小さな店舗や専門店などは楽天に出店する事が難しくなります。

ダメとわかればすぐに退店して撤退しないと、毎年100万以上のお金を捨ててしまう事になりかねないため、小さな専門店には大打撃になってしまうのです。

退店=倒産というわけではない

楽天から店を退店させると聞くと、つい倒産したのかと思うかもしれませんが、必ずしもそういうわけではありません。
楽天に出店するのは先ほどのように、仮に全く売れなかったとしても、毎年100万近いお金が必要になります。

これは売れない、自分達には難しいとわかった段階で、すぐにお店を撤退するという判断を下すのです。

倒産していないため自力でなんとか探し出せれば見付けられるかもしれませんが、そういったITスキルが高くなければ、見付けられないという状況になってしまう可能性があるのです。

自分たちだけで作るお店なら維持費用が非常に安い

楽天に出店している場合は、何もしなくとも年間で100万近い額が必要になる事があると記載しました。
また、半年契約や1年契約となるため、売れないと判断したら、すぐ撤退しなければ、赤字がどんどん膨らんでいってしまいます。

一方、自分達だけで立ち上げているお店というは、維持費用が実は非常に少ないです。
楽天に出店するのと比較すれば、10分の1や20分の1程で可能になります。

そのため、あまり売れなかったとしても、とりあえず残しておこうという判断も可能で、消えるときは会社が倒産する時や事業撤退などの時でサイトが無くなる可能性は楽天に出店しているお店と比べれば遥かに確率は低くなります。

長期保証を謳っていても店が消えたら連絡できない

通販のお店などでは、信頼性を増すために長期保証を謳うお店が多くあります。
5年保証や10年保証などです。

ですが、実際問題として、5年、10年とその仏壇店が続くかどうかはまったくの不透明です。
理論上では5年保証となっていても、会社がいなくなってしまえば、買ったお店に連絡が付かなくなり、保証が切れてしまっているのと同然です。

製造元がわかっていたり連絡する術があれば別ですが、一般的には販売店との連絡になる事がほとんどですから、そうなってしまっては10年保証なども全く意味をなさない事になります。

そういった事にならないように、しっかりお店を選ぶ目も必要になります。

自分達のお店も楽天にもお店がある店が一番安心

こうならないためにも、一番理想的な探し方が、自分達の通販店も持っており、楽天やヤフーやAmazonなどの中にも店を持っている仏壇の通販ショップを探す事です。

先ほども書いたように、楽天は何もしなくとも毎月100万単位で費用が取られます。
一方、自分達だけで立ち上げているお店なら、その10分の1ほどの費用で済みます。

そのため、両方に出店しているお店の場合、仮に楽天の方が採算が合わなくなったとして退店しても、同じお店名で独自で立ち上げた通販店はそのまま維持しておくというパターンが非常に多いのです。

その場合は、仮に楽天から退店していたとしても、販売店との連絡が取りやすくなるため、安心感が段違いになります。

楽天を退店したら連絡の取る術がない仏壇店と、楽天を仮に撤退して退店しても、自分達のお店を持っているという仏壇店ではどちらが良いかは聞くまでもないですよね。

もちろん楽天にも優良店はあるけれど探せるかどうか

勘違いして欲しくないのは、楽天内にも優良なショップはたくさんあります。
ですが、それと同時かそれ以上に、売れていないであろう、そのうち退店するであろうというお店もたくさんあるのです。

必要なのは、それを見分けられる術を持っているかという点です。
大手だからという理由ではなく、きちんと通販で売る術を持っているかというところになり、大手でもダメだとわかれば退店しているのが現実です。

そういった事をしっかり見る力があれば別ですが、なければ独自で販売店を持ったお店の方がリスクが少なくてオススメだと管理人的にはおすすめしています。


【PR】ひだまり仏壇

お盆時期やお彼岸に合わせて、仏壇や仏具・位牌を揃えるなら、“ひだまり仏壇”さんが必要なものから徹底解説までされていておすすめです。
お仏壇やお位牌・各種仏具のネット通販専門店|ひだまり仏壇

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事を読んだ人におすすめの記事

お仏壇の継承・引き継ぎ – 相続と祭祀財産や長男と祭祀継承者の問題などの解説
お仏壇と言えば昔なら一生に一度のお買い物と言えるほどに、どの家にも仏壇があった時代であったと言われています。 しかしながら、今の現代においては様々なライフスタイルが変化しまし ...

仏壇仏具を激安・格安で買いたいならお盆前やお彼岸・年末年始が狙い目
仏壇仏具などは法要などのために買う時期というのがある程度絞られることが多いです。 特に中でも位牌は、49日の法要に合わせて作る方が多いと思いますので、納期急いでという話はよくあっ ...

仏壇と仏具のセット販売を買うのはお得なのか損なのかの見分け方
お仏壇を買おうと思った際に実店舗しかりネットショップしかり、店舗独自の色々な企画がなされています。 キャンペーンであったり、セールなどがその代表格ですが、中にはセット販売とい ...

金仏壇(塗仏壇)とは – 主に浄土真宗で使われる仏壇の特徴と選び方
金仏壇と言えば、まさに名は体を表すの言葉通りに、いわゆる金ピカなお仏壇になり、よく多くの方がお仏壇をイメージする時などは、この金仏壇を思い浮かべる方が多いと言えます。 実家や ...

お仏壇はいつ頃どういう時に購入すればいいのか
多く質問を受ける1つにお仏壇の購入のタイミングという質問があります。 お位牌などは故人が亡くなられた時に作るという方が多いのですが、じゃぁ仏壇はいつ用意すればいいのか?と悩むわけ ...


Page Top