浄土真宗 本願寺派の方向けの仏壇の選び方
どの種類のお仏壇を選ぶのがいいのかなど徹底解説

カテゴリ:【 浄土真宗 本願寺派

宗派別の解説の中でも特にここ日本では多いとされている浄土真宗 本願寺派のお仏壇の選び方について見て行きましょう。

解説本などを見てもわかるのですが、日本においては多くの仏教の宗派が存在していますが、浄土真宗 本願寺派が最も多いと言っても良いほどに人数は多くいます。

そのため、お仏壇選びに当たっても、よくどれを選べばいいのかなど悩む方が多く私自身、過去に何度も相談を受けた経験があります。

スポンサードリンク

浄土真宗のお仏壇は宗派に注意を

浄土真宗でのお仏壇選びで、最も気をつけなければいけないのが、浄土真宗の何派なのかという事で若干の選ぶお仏壇が変わってきます。

その他の宗派では、基本的には○○宗で統一され、その派は数多くあれど、ご本尊や選ぶお仏壇の違いなどは、そこまで顕著にあるわけではありません。

自分は浄土真宗だと思っている方も多いのですが、実は、浄土真宗に関して言えば、その派によって大きく異なります。
真宗十派と呼ばれるほど、浄土真宗は宗派がわかれていますが、その中でもやはり「本願寺派」と「大谷派」で大きく変わってくる事になります。

今回の解説はこの浄土真宗の中でも最大の宗派とも言われている本願寺派がメインのため、大谷派の方は大谷派の解説をご確認ください。

本願寺派のお仏壇選びについて

浄土真宗本願寺派のお仏壇選びについては、基本的にはどの種類のお仏壇を選んでも問題はありません。
モダン仏壇、唐木仏壇、金仏壇とどれでも問題はありません。

昔の名残などから浄土真宗と言えば金仏壇といったイメージを持つ方も多く、金仏壇を選ばれる方は多くいます。

ただし、金仏壇を仏間に置くというのが昔の一般的な仏壇社会の流れでしたが、今では仏間などもない方も多く最近では流行に沿ったモダン仏壇にモダンな仏具を祀るという方も多くいらっしゃいます。

モダン仏壇や唐木仏壇であれば、基本的にはどれを選んでも問題ないのですが、金仏壇を選ぶ際だけは、注意が必要です。

金仏壇の場合は、本願寺派向けのお仏壇を選ぶ

モダン仏壇や唐木仏壇には宗派によって内装が違ったりする事はないのですが、金仏壇だけは異なります。

金仏壇に関して言えば、今ではほとんど浄土真宗のみで選ばれる事が多く、内部などの造りは宮殿の形をそれぞれの宗派の本山の形を模して作れています。

そのため、浄土真宗に至っては、特に最大派の本願寺派と大谷派によって、同じ金仏壇でも中の造りが異なります。

本願寺派では宮殿は一重破風屋根で造られ、外柱などは、金箔を張った柱で、全体的にいわゆる金色が強いお仏壇となり、こちらを選ぶ必要があります。

くれぐれも、大谷派向けのお仏壇などを選ばないように注意が必要です。

唐木仏壇やモダン仏壇に関しては、特にそういった事はないため、金仏壇以外のお仏壇であれば、そういった事を気にする必要はなく仏壇を選んでも大丈夫です。

古くからの名残などで、金仏壇を選ぶ方もまだ多いですが、基本的にはどのお仏壇を選んでも特に問題はありません。


【PR】ひだまり仏壇

お盆時期やお彼岸に合わせて、仏壇や仏具・位牌を揃えるなら、“ひだまり仏壇”さんが必要なものから徹底解説までされていておすすめです。
お仏壇やお位牌・各種仏具のネット通販専門店|ひだまり仏壇

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事を読んだ人におすすめの記事

浄土真宗に位牌は必要ない?過去帳や法名軸と今の時代の流れについて
非常に多くのお客様から過去にお問い合わせいただいた中の1つに、浄土真宗の方の位牌は必要なのか必要でないのかというのがあります。 一般的には葬儀を行う際には白木位牌を用意し、4 ...

浄土真宗 本願寺派の御本尊と脇侍 – 阿弥陀如来の仏像や掛け軸の選び方と祀り方
浄土真宗においてもやはり大切なのは御本尊になります。 今回は浄土真宗の中でも本願寺派における御本尊や脇侍についてをしっかり解説してみたいと思います。 中でも浄土真宗は本願寺 ...


Page Top