白木の位牌から本位牌の開眼供養など
位牌を買った後のおおまかな流れを解説しています

カテゴリ:【 仏事などの解説 , 位牌

位牌の選び方などについて色々と解説してきましたが、多くの方が位牌を初めて買う場合、買った後はどうすればいいの?と悩む事になります。

位牌もただ位牌を買っただけでは、ただの位牌です。
お仏壇などと同じで、位牌も買った後はお寺などに依頼し、開眼供養などおの魂入れを行う必要があります。

今回は、そんな位牌を買ってからの大まかな流れについて解説しておきます。

白木位牌から本位牌へ49日法要が区切りとなる

お位牌は、故人が亡くなられた時などは白木位牌と言って、いわば仮のお位牌として葬儀の際などに祭壇の上に安置されるお位牌が用意されます。

多くは葬儀会社が用意してくれます。
このままでは、白木位牌=仮のお位牌に、故人の魂が入ったままとなってしまうため、仮の位牌から本位牌へうつします。

この白木位牌から本位牌へ切り替えるために、開眼供養を行い、購入した位牌に魂入れを行う事が必要で、これを行う事で新しいお位牌が故人の霊魂が宿る場所となるのですが、これを一般的には49日法要と兼ねて行います。

位牌には名入れを行うため、納期にくれぐれも注意を

白木位牌は葬儀会社が用意してくれる事が多いですが、本位牌は自分で用意しなければなりません。

その際に、どういった位牌を選ぶかはご自身の好みや故人の好みなどや、予算に応じて好きに選んで問題ありませんが、注意しなければいけないのが位牌の納期です。

というのも、本位牌には戒名などの名入れを行う事になります。
これを入れるのに、店などによっては数日~2週間ほど必要となるところが多く、買ってすぐ届くというわけではありません。

位牌の開眼供養を行う際には、先ほども述べたように49日法要に合わせて行う事が多いため、ギリギリになって購入しようとして、戒名の名入れなどが間に合わない…なんて事にならないように注意が必要です。

実際に私が働いていた際にも、明日までに…といった注文は少なからずありましたので、くれぐれも納期が遅れ間に合わないといった事がないようにだけ注意が必要です。

位牌の開眼供養について

本位牌の準備が整えば、後は49日の際にお寺にお願いし僧侶に開眼の作法を行ってもらうかたちになります。

実際には何か特別な事をするといった事はなく、作法に従って読経を行い白木位牌に宿っている魂を、本位牌へうつし魂入れを行い完了となります。

魂を抜いた白木位牌は、菩提寺におさめてお炊き上げなど供養してもらいます。

費用について

位牌の開眼供養は法要の一種となります。
そのため、お布施・お車代・お膳料などを用意するのが一般的ではありますが、最近ではこの中でもお布施だけで行うのが主流となってきています。

また、このお布施の金額も地域差によって様々です。
ただ、平均するとだいたい3万円前後といったところが、今の主流価格帯となっているように見受けられます。

49日の法要のお布施は葬儀の際のお布施の10分の1程が1つの目安とも言われていますので、葬儀の際の価格と比較もしてみましょう。
どうしても費用がわからない場合は、直接相談してみるのも1つの手です。

位牌を造り替えた場合も基本は同じ

今までは、故人が亡くなり、白木位牌から本位牌へ切り替える際の大まかな流れの解説でしたが、位牌は何も全てが新規で造るものとは限りません。

古くなってしまい、痛んでしまった位牌などは、修理をして使うか新しく買い換えて使うかの2択になります。

そして、新しく買い換える場合は、49日法要の時と同じように、今のお位牌から魂抜きを行い、新しく購入するお位牌に魂入れを行う必要があります。

49日法要のように、いついつまでといった区切りはありませんので、自分たちの時間で調整し、同じようにお寺に依頼し開眼供養を行い、古い位牌を収めて供養してもらえば完了となります。

お仏壇も位牌もただ買っただけでは同じただの箱や物でしかありません。
そこに、故人の魂を入れる事によって、初めて依代となりますので、しっかり開眼供養を忘れずに行うようにしましょう。

今の時代は決まったお寺が無いなど、どこに依頼すれば…と悩む方も多いです。
そういう方は、自宅まで宗派に合わせた僧侶が来てくれて、開眼供養をしてくれる「てらくる」というサービスがおすすめです。

費用もわかりやすく一律のため、いくら用意すれば…といった事で悩む必要もありませんので、ぼったくられる事もなく安心です。
法要の僧侶手配サービス【お坊さん便】


【PR】ひだまり仏壇

お盆時期やお彼岸に合わせて、仏壇や仏具・位牌を揃えるなら、“ひだまり仏壇”さんが必要なものから徹底解説までされていておすすめです。
お仏壇やお位牌・各種仏具のネット通販専門店|ひだまり仏壇

この記事を読んだ人におすすめの記事

お仏壇のロウソク。火を灯す意味やマナーとロウソクの種類と特徴
ロウソクの火は、人の心を和ませてくれます。 それは古来から人間が感じてきた共通の感情と言えるかもしれません。 人々はロウソクを闇夜の明かりに用いたり、亡くなった人を偲ぶ思いで火を ...

お仏壇の買い換え時の処分や閉眼供養・魂抜きからお炊き上げの手段や方法と注意点
1つのお仏壇をずっと使い続けられれば良いのですが、住宅環境の変化や生活環境の変化に伴い、買い換えが必要になってくる場合もあります。 そんな時、家具などであればそのまま捨ててしまえ ...

位牌の選び方(浄土宗・真言宗・天台宗・臨済宗・日蓮宗・曹洞宗)
お位牌を選ぶ際には色々な選び方があります。 ですが、一番多くお問い合わせをいただくものとしては、位牌をどう選べば良いかではなく、自分は○○宗ですが位牌を選ぶのに何か決まりはあります ...

位牌の戒名 – 位の種類と料金価格の相場と俗名や生前戒名について
よくネット上などでも問題提起などされたりする戒名。 ぼったくり価格だったりと批判も受けたりしますが、そもそも戒名とは?というところを知らない人も多いはずです。 今回は位牌に名入れ ...

お仏壇を買った後の開眼供養・仏壇開きなど購入後にする事とその流れ
お仏壇は購入したからといってそのまま設置して家具のようにそのまま使うという事は基本的にありません。 新しく購入したり、買い換えをした際など新しくお仏壇を家に迎え入れる際には、お仏 ...


Page Top