実際には決まりはなくて自由?
お仏壇を置く場所や向き・方角などについて

カテゴリ:【 仏壇

お仏壇をこれから買うという方にとって、悩ましいポイントはいくつもありますが、今回のこの置く場所や方角などは最も悩まれる1つと言ってもいい程よく聞かれます。

端的に回答すれば、厳密にこの方角、この場所に設置しなければならないといった絶対的な決まりはあるわけではありません。

もちろん、向きや方角など基本的な考えやこうした方が良い、配慮すべきといった事はありますので、それらを参考にした上で、それぞれの住宅環境も考えながら置く場所を決めていくようにしてください。

スポンサードリンク

お仏壇を置く場所で大切な事は手を合わせやすい場所に置くこと

お仏壇は買って置いておけば終わりではありません。
できれば毎日手を合わせてお参りをするのが理想的であります。

そのためには、毎日手を合わせやすい場所にお仏壇を安置するというのも非常に大切なポイントとなってきます。

先ほども解説したように、お仏壇を置く場所については、必ずここにしなければならないといった厳格な決まりはありません。

昔では仏間がある家が多かったのでそこに置くのが一般でしたが、今の住宅環境では仏間が無いお部屋も多くそういった場合は心が落ち着く、静かな場所にお仏壇を安置するのがオススメです。

今の主流はリビングや居間への設置

しかしながら、昔と違って今ではお仏壇の種類としては、住宅環境に合わせたモダン仏壇が主流となってきています。
今ではそもそも仏間があるない以前に、和室そのものも無いと言った住宅が増えています。

それに合わせてお仏壇も、デザインを家具のように似せて作っているため、そのままリビングに置くという方が増えてきています。

そのため、逆にリビングに置く事で毎日の生活スペースでもあるため、毎日手を合わせやすくなりますし、常時家族の存在を感じてもらえるリビングに置くというのも理にかなっておりオススメです。

お仏壇は買って置いておけばいいというものではありません。
しっかり感謝と供養の気持ちを持って、毎日手を合わせることに意義がありますから、そういった事を行いやすい場所をしっかりと家の中で決めるのが大切になります。

仏壇を置く場所で注意すべき事

お仏壇は基本的には高級な家具などと同様で素材に木材を使用する事が一般です。
そのため、日当たりが良すぎたり、湿気が高い場所というのは明るいかもしれませんが、それが逆に劣化を早めたり傷めたりする事に繋がります。

しっかりと風通しの良い場所を見付け、そこに置くように心がけましょう。

ご本尊がしっかり見える位置に

またお仏壇を置く場所が決まったとしても、大切になるのがご本尊です。
ご本尊がしっかりと見えて、拝める場所でなければなりません。

もっと言えば、ご本尊は目線よりも上になるのが理想的ですが、神棚が家にある際にはそれより上にはならないように注意してください。

神棚との向かい合わせは避ける

神棚が祀ってある家の場合は、神棚との向かい合わせは必ず避けるようにしましょう。

これは向かい合わせにしてしまうと、神棚を拝む際にお仏壇にお尻を向ける事になり、お仏壇を拝む際には神棚にお尻を向ける事に繋がってしまいます。

そういった失礼にならないように、神棚が祀ってある家の場合は向かい合わせにならないよう位置関係に注意してください。

お仏壇の置く向きや方角について

次に、お仏壇を置く向きについてですが、これには大きく3つの考え方があると言われています。

南面北座説
お仏壇の正面が南を向くように置く置き方です。
そもそも家は南向きが理想と日本では言われていますが、お仏壇もこの置き方をすれば、日当たり面を配慮し直接日光が当たらないようになり、さらには南風も通り湿気を防ぐ事ができるため、長期保存を考えた場合に最適な条件となります。
本山中心説
お仏壇の前で拝む際にその延長線上にご自身の宗派の本山がある位置に置く置き方です。
この置き方は、住む場所と本山の位置によって置く場所が大きく変わり、例えば本山が京都にあるような場合は、関東・中部地方と九州地方では真逆の置き方になります。
西方浄土説
お仏壇を東向きに置く置き方です。
これは、お仏壇を拝む際には、仏教の理想世界と言われている西方の極楽浄土も礼拝することができるようになる置き方となります。

3つとも見てわかるように、それぞれの説によって、相反するものが出てきてしまいますので、方角について必ずこうしなければならない、こうしてはいけないといった事はありません。

南面北座説では、仏壇は南向きが良いと言われていますが、これの逆がお釈迦様が没した際に北の方角に頭を置いて横になったと言われている説からの北枕という言葉と北向きのお仏壇はダメという考え方という一説もあります。

しかしながら、地域や場所によっては、北向きに安置されている観音像などもあり、必ずしも北側がダメという事はありません。

大きく分けた宗派によっても、この向きや方角の考え方がそもそも変わってきます。

曹洞宗や臨済宗では、南面北座説、真言宗では本山中心説、浄土真宗系、浄土宗、天台宗では西方浄土説、日蓮宗では特に決まりはないといったようにバラバラです。

それぞれの主張同士に沿ってお仏壇を置くと、矛盾やおかしな点も出てきてしまうため、今ではそこまで気にしなくても良いとされています。

昔と今では住宅を取り巻く環境も大きく変わってきていますし、方角を気にしすぎるよりは、しっかりと手を合わせやすい場所という面を考えてお仏壇を置くようにしましょう。


【PR】ひだまり仏壇

お盆時期やお彼岸に合わせて、仏壇や仏具・位牌を揃えるなら、“ひだまり仏壇”さんが必要なものから徹底解説までされていておすすめです。
お仏壇やお位牌・各種仏具のネット通販専門店|ひだまり仏壇

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事を読んだ人におすすめの記事

お仏壇選びのために仏壇の種類を知る事からはじめましょう
お仏壇と言っても、実際には様々な種類があります。 古くからある伝統的なお仏壇から、昨今の生活習慣の変化や多様性から産まれてきたお仏壇など色々存在しています。 また、宗派によ ...

お仏壇の国産と外国産。国産や日本製の定義はどう決められているのか
仏壇に限った事ではありませんが、私たち日本人は、Made in Japan = 高品質というイメージを持っています。 今では外国産も非常に品質が良いですし、品によっては日本産 ...

仏壇仏具の類語や同義語に惑わされない!今は同じ意味や意図で使われている事が多い
仏壇業界では、同じ意味を示すのに違う言葉、似た言葉を使って説明する事が多くあります。 また、色々な店舗や会社があるため、それら別の会社で差別化を図るために、あえて違う使い方をして ...

お仏壇を買うまでにしておくべき準備や見落としがちな注意点
お仏壇を買おうと思っても、家具などとは違いこれまでに買った経験があるという方は少数派です。 そのため、買おうと思っても何を気をつけていかなければらないのか、何を準備しておけば ...

仏壇仏具を激安・格安で買いたいならお盆前やお彼岸・年末年始が狙い目
仏壇仏具などは法要などのために買う時期というのがある程度絞られることが多いです。 特に中でも位牌は、49日の法要に合わせて作る方が多いと思いますので、納期急いでという話はよくあっ ...


Page Top