仏壇仏具や特に位牌は何でも屋で買ってはいけない!
きちんとサポートや知識のある専門店で買うべき理由

カテゴリ:【 仏具 , 仏壇 , 位牌 , 通販での購入

仏壇や仏具に関して、今ではネットショップが人気な事もあり、多くの販売業者が登場しています。
老舗の店舗から、ベンチャー企業的なところまで多数登場しています。

ですが、この仏壇仏具の中でも、位牌を買う場合においては、専門店以外で買ってはいけない明確な理由があります。

もちろん、本来は仏壇やあらゆる仏具も専門店で買うべきです。
ですが、百歩譲って仏壇仏具は買った後のトラブルや問題発生は少ないですが、位牌は実は結構多くあります。

実際にはトラブルというよりは、質問や疑問ですが、これは位牌には名入れがあるからです。

スポンサードリンク

仏壇や各種仏具は誰が買っても同じ商品

位牌が特別に注意しなければいけないのが、この理由のためです。
仏壇や仏具は、宗派による多少の違いこそあれ、買った人が10人いたら、10人ともに同じ仏壇仏具を送ります。

どんなモダン仏壇でも、唐木仏壇でも、花立や火立などの仏具であっても、その仏壇仏具を買った人には同じ仏壇仏具が届きます。

仏壇仏具には買った後に何かする必要は店には無い

仏壇や仏具に関しては、買う前の事前に宗派による違いなどで調べておく必要はあるかもしれません。

ですが、販売しているお店側からしたら、仏壇・仏具を購入された後に、店で何かをする必要というのは特にありません。
後は配送して届けて完了というだけになります。

当たり前の事のように思いますが、実はこれが位牌だと名入れがあるため異なります。
位牌の場合、例えば10人が同じ千倉型の塗位牌を買ったとしても、10人全員違う位牌として届けられます。

極端で少し横暴な言い方をすれば、仏壇や仏具は(魂抜きなどを考慮しなければ)、今まで使っていたものをそのまま誰かにあげても使えるという事でもあります。

位牌には名入れがあり完全その人仕様の商品になる

位牌の場合、同じ位牌であってもその人その人に応じた名入れを行います。

そのため、同じ千倉座の位牌を買ったとしても、仕上がりはその後に名入れを入れる事がほとんどですから、誰1人として同じ位牌に仕上がる事はありません。
ここが大きく仏壇や他の仏具と違う点になります。

名入れは細かなサポートが必要な事も

仏壇や仏具は多少の宗派の違いこそあれど、そこまで大きな違いはありません。
多くは解説されているので、そこまで悩む事もなく選ぶ事ができます。

ですが、位牌の名入れはなかなかに大変だったりします。
そもそも、名入れの戒名はお寺などから授からなければなりませんし、戒名にするのか俗名にするのかなど「名入れ」1つでとってみても、色々あります。

もっと細かいところを言えば、戒名の下に付ける文字にも「霊位」や「霊」「位」などなど複数あったり梵字の有無とその宗派による梵字など少しややこしくなります。

そして、その位牌になんという名を入れるのかを、位牌を買った店に伝えなければならないというハードルもあります。

専門店以外だとこのサポート力や質が桁違いに落ちる

専門店であれば、当たり前ですがしっかりとした知識が備わっているスタッフが在籍しています。
ですが、とりあえず売れるとわかったので商品ラインナップに加えました!といったようなお店の場合、専門的スタッフはいない可能性があります。

この場合、あくまでもユーザー側が責任を持って名入れの原稿を送るという事になります。
そのため、宗派的に間違えていたり、何かおかしな点があったとしても、ショップ側から指摘される事が少なくなります。

専門店だと、おかしな点や、一般的な風習と違う場合などは連絡を取ったり、再確認をとったりしますがそういった事が無い可能性が高くなります。

もっと言えば、スタッフに知識がないため、何が正しいかわからない店も多いので、来た名入れの原稿にそってそのまま入れて送るだけという事になります。

位牌の名入れを伝える方法についても、専門店などであれば専門用紙があり、解説やサポートが付いて用意されている事がほとんどですが、専門店でない何でも屋のようなお店だと、自分で用意しなければならない事もあります。

仏壇仏具でも細かなところでは同じ事が言える

位牌を中心に解説してきましたが、これは仏壇仏具でも同じです。
自分が仏壇店で働いていた時に、多くある間違いが、本尊と脇侍の間違いや仏具の選び方の間違いです。

店舗であればスタッフが1つ1つ解説しながら必要な仏具を購入できますが、通販ではそういう事は不可能です。

よくあるのが、こういったミスです。

  • 仏像と掛け軸を買ったものの、両方本尊を買っていた
  • 仏具の花立や火立、香炉など必要な仏具を買いそろえていなかった
  • 仏壇のサイズと仏具のサイズが明らかに合っていない
  • 全く違う宗派の仏具を買ってしまっている

こういった事は店舗で買えばおきない事ですし、専門店で優良なお店であれば、間違い無く確認をします。
本尊が2個になっていますが大丈夫ですか?や、この仏壇と仏具だとサイズ的に入らない(逆に小さすぎる)けれど大丈夫でしょうか?といったお伺いをします。

ですが、専門店でない場合、そういった事がわからないという場合があります。
そもそも宗派別の本尊すらわかっていない販売店もあるくらいで、そういったお店で選ぶと間違っていても指摘してくれません(厳密に言えばわからないので指摘ができません)。

こういった事があり、位牌を中心に、仏壇仏具は必ず専門店などきちんとしたお店で買うようにしましょう。
特に初心者やあまり知識が無い方の場合は、何でも屋さんのようなところで安いからといって買うのは避けた方がおすすめです。


【PR】ひだまり仏壇

お盆時期やお彼岸に合わせて、仏壇や仏具・位牌を揃えるなら、“ひだまり仏壇”さんが必要なものから徹底解説までされていておすすめです。
お仏壇やお位牌・各種仏具のネット通販専門店|ひだまり仏壇

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事を読んだ人におすすめの記事

唐木仏壇・黒檀や紫檀・欅など天然木材を使った仏壇の特徴やポイント
唐木仏壇は、言ってみれば、これぞ仏壇と言えるような非常に木目や木の印象が強いお仏壇で、黒檀(こくたん)や紫檀(したん)、欅(けやき)、鉄刀木(たがやさん)、桑(くわ)、といった天然 ...

同じ名称の仏具でも種類や細部が異なる事があるので注意が必要
今の仏壇仏具業界において仏壇もそうですが、仏具の種類は、もはや把握できない程の種類があります。 特に最近は、モダン系の仏壇が登場した事で、そのモダン仏壇に合わせやすいモダン仏 ...

最近流行のミニ仏壇。実は定義がないからこそ良質店を選ぶ参考になる
昔と違い、今では核家族化が進んだ事もあり、家族・親族が近くにいないという生活環境もいわば“当たり前”といえる状況でもあります。 兄弟全員がそれぞれ都心や地方で働いているといっ ...

仏壇仏具の類語や同義語に惑わされない!今は同じ意味や意図で使われている事が多い
仏壇業界では、同じ意味を示すのに違う言葉、似た言葉を使って説明する事が多くあります。 また、色々な店舗や会社があるため、それら別の会社で差別化を図るために、あえて違う使い方をして ...

仏具の経机には傷の予防や火や灰から守るための防炎用の掛けマットや敷マットを用意する
以前に経机に関する解説を行いました。 その経机ですが、上置き仏壇などの小型仏壇を置くご家庭ではあまり使われないかもしれませんが、大型仏壇を置くご家庭では使っているという方も多いか ...


Page Top