仏壇や仏具を買うのなら、仮に単品で買う場合でも
仏具も多く販売している総合店で買う方がオススメです

カテゴリ:【 仏具 , 仏壇 , 通販での購入

お仏壇に限らず位牌も含め仏具など、どこで買うのかというのは今では選択肢が多く存在しています。

家の近くのお仏壇屋という手段が今までは主流でした。
しかしながら最近では近くのお仏壇屋ではなくネット通販を使って購入という手段もあります。

非常に便利で選ぶ手段が増えたというのは、購入側からは比較検討しやすくなるという大きなメリットがありますが、しかしながら注意点も必要です。

それが、お仏壇や仏具を買うときは、特に仏具も一緒に販売しているお店、もっと言えば、仏具の品揃えも豊富なお店で買わなければいけないという点です。

スポンサードリンク

仏壇だけを販売しているお店も実は多い?

家の近くの実店舗などであればあまり多くはないかもしれませんが、ネットショップなどの場合、仏壇だけを取り扱っている販売店が数多くあります。

どちらかと言えば、仏壇だけを取り扱う方が多く、仏具や小物一式などもしっかり取り扱っているショップというのは数少ないといえます。

これには当然明確な理由があり後述しますが、だからこそ、仏壇を買うのなら仏具も一緒に取り扱っているところで、なおかつ、仏具の種類も豊富なお店で買うのが最善手なのです。

仏壇だけの販売は実はとても簡単なのです

仏壇や仏具というと、宗派も一緒になって考えなければなりません。
御本尊などは特に宗派によって祀る仏像や掛け軸は異なっています。

ですが、実は仏壇そのものは宗派によって大きな違いがあまりありません。
せいぜいあっても、浄土真宗なら金仏壇を使うか否かという点くらいで、このお仏壇はどこかの宗派なら使える・使えないといったものはありません。

ですから、販売側からしても、仮に知識がそこまでなくとも、ある程度できてしまうのです。

○○宗でも使えますか?と聞かれても、大丈夫です。使えますよ。このお仏壇は全宗派に対応していますよ。と答えればいいだけなのです。

実は仏具こそ、知識が問われる

一方で、仏具においては宗派によっても大きく変わります。
その最たるものが、御本尊や脇侍になります。

当サイトでも宗派によって選ぶべき御本尊や脇侍についての解説もしていますが、仏像や掛け軸などは宗派によって異なります。

他にも、宗派によっては使う仏具・使わない仏具など多少なりとも出てきますし、全宗派で共通であったとしても、仏具自体の並べ方、どこに何を置いてどう配置するのかといった事も知っておかなければなりません。

サイズによっての違い、簡易的な仏具の置き方、本格的に置くときなどなど、予算や用途に合わせた質問が来ても返せるだけの知識と経験が必要になります。

お仏壇を買う時は仏具も一緒に扱っているお店で買うべきというのは、まさにここで、お仏壇だけ、仏具の品揃えが少ないお店はそれだけ、自分達にそこまでの知識と経験がないので取り扱えませんと言っているのに等しいと考える事もできてしまうのです。

おすすめのサイズなどは仏壇店の独自調べの事も多い

通販などでお仏壇を買う時、この仏壇にはこれくらいの仏具サイズがおすすめですよ。といった記載がされている事があります。

これは非常に親切で買う側からしたら最適なサイズが分かる一方、あくまでもその仏具サイズというのは、そのお店で取り扱っている仏具を基準にして考えているという点に注意しなければいけません。

仏具のサイズ表記などは、今は寸尺法で、3.0寸といった表記をされる事も多いのですが、同じ3.0寸であっても、微妙なサイズ違いというのが出てきます。

1寸=約3.0cmと計算される事が多いのですが、端数は切り捨て・切り上げされるため、同じ3.0寸でも、9.0cmのものもあれば、9.4cmくらいのももも存在します。

1つ1つが異なってくれば、仏具全体としても数cm変わってくる事もあります。
小型のお仏壇などの場合、この数cmが狂ってしまうと、中に収まりきらないといった問題が出てきてしまう事もあります。

そういった事もあり、お仏壇を買う時には仏具も合わせて買う事が一般的です。
仏像や掛け軸、花立に火立に香炉にといった各種仏具も揃えていくとなると、どうしても色々質問したり解説を読みながら選ぶ必要があります。

そんな時、お仏壇だけを販売しているお店だと知識が足りなかったり、誤った知識を教えられる事、さらには仏具は他のお店で自分達で自己責任で選んで買わなければいけないといった可能性が出てきてしまいます。

これが仏壇も仏具も数多く取り揃えているお店なら、この宗派ならこれとこれとこれが必要です。といった解説を受ける事ができます。
また、予算に応じてや、どこまで本格的に祀るのかなどの要望にも応えてくれます。

さらにそのお店のお仏壇と仏具なためサイズが入らないといった事もありません。
万一、それで入らなかったとしてもそのお店でアドバイスもらって選んでいるため、返品交換などもしてもらえます。

これが仏壇と仏具を別のお店で買っていると、調査は自己責任になりますから、返品を受け付けてもらえないといった事もでてきます。

お仏壇と仏具をしっかり販売しているお店で買うのが一番安心

なんだかんだと、総合的に考えればこれにつきます。
お仏壇だけを買うのであっても、仏具だけを買うのであっても、仏壇仏具をしっかり取り揃えているお店で買うのが最善なのです。

もちろん、仏壇だけを販売しているお店の方が多少なりとも値段が安いという場合もあるかもしれません。

ですが、その後の仏具選びなどの事を考えた場合、目先の数千円の安さを取って、後に数万円の損をするという可能性があります。

宗派の違いやそれぞれに必要な仏具を知っていたり、選び方などもわかるという方であれば特に問題はありませんが、そうでないという方はやはり総合的に取扱いしているお店で買うのが一番安心です。


【PR】ひだまり仏壇

お盆時期やお彼岸に合わせて、仏壇や仏具・位牌を揃えるなら、“ひだまり仏壇”さんが必要なものから徹底解説までされていておすすめです。
お仏壇やお位牌・各種仏具のネット通販専門店|ひだまり仏壇

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事を読んだ人におすすめの記事

金仏壇(塗仏壇)とは – 主に浄土真宗で使われる仏壇の特徴と選び方
金仏壇と言えば、まさに名は体を表すの言葉通りに、いわゆる金ピカなお仏壇になり、よく多くの方がお仏壇をイメージする時などは、この金仏壇を思い浮かべる方が多いと言えます。 実家や ...

お仏壇の値段の相場・目安と通販と店舗の販売価格の違いについて
実際にいざ自分が購入してみようと思った時、お仏壇に限らず何でもその市場の価格帯などを知って高いか安いかなどを判断する方も多いと思います。 お仏壇に関しては普段の生活ではあまり ...

お仏壇の買い換え時の処分や閉眼供養・魂抜きからお炊き上げの手段や方法と注意点
1つのお仏壇をずっと使い続けられれば良いのですが、住宅環境の変化や生活環境の変化に伴い、買い換えが必要になってくる場合もあります。 そんな時、家具などであればそのまま捨ててし ...

最近流行のミニ仏壇。実は定義がないからこそ良質店を選ぶ参考になる
昔と違い、今では核家族化が進んだ事もあり、家族・親族が近くにいないという生活環境もいわば“当たり前”といえる状況でもあります。 兄弟全員がそれぞれ都心や地方で働いているといっ ...

モダン仏壇と唐木仏壇に従来の伝統型仏具やモダン仏具を合わせるポイント
一昔まではお仏壇と言えば、唐木を使ったお仏壇が一般的でした。 浄土真宗では金仏壇を使う事が多いですが、その他の宗派では、黒檀や紫檀、鉄刀木にケヤキなどの木材を使う唐木仏壇がほとん ...


Page Top