お仏壇を買った後には開眼供養が必要!
そもそも開眼供養とは?からその準備や流れについて

カテゴリ:【 仏事などの解説 , 仏壇

お仏壇は購入したからといってそのまま設置して家具のようにそのまま使うという事は基本的にありません。

新しく購入したり、買い換えをした際など新しくお仏壇を家に迎え入れる際には、お仏壇が安置されご本尊に命を吹き込む儀式として、「開眼供養」が必要になります。
宗派によっては「開眼開き」「お性根入れ」「入仏式」や「御魂入れ」などとも呼ばれます。

とはいえ、それは何の事?という方がほとんどだと思いますので、今回はこの仏壇を買った後のやることとその流れについて解説していきます。

まず大前提として購入店で説明があります

一般的に、そもそものお話にはなりますがお仏壇を買ったお店で事前に説明を受けているはずです。

もちろん、販売店が説明をしなければならないといった義務はないため、しないお店もあるかもしれませんが、一般的には説明をするはずです。

ですが、ネットショップなど店員と話をせずに購入する場合はこの限りではなく説明を受ける機会がありませんので、下記を参考にしてください。

開眼供養はお仏壇に行うのではなくご本尊に対して行われる

よく勘違いされる方が多くいますが、開眼供養の儀式自体は、お仏壇に対して行われるものではありません。

お仏壇ではなく、お仏壇に安置されるご本尊に対して行われる供養儀式になるのです。

そもそも、お仏壇はご本尊が無ければただ普通の壇でしかないため、ただの壇に眼を開く開眼儀式をするというのは変になります。

お仏壇というのは家の中のお寺を意味します。
お寺の本堂にはお寺を護るためにご本尊が法の眼を開いて鎮座されています。

開眼供養は、同じように家の中のお寺として、新しくお仏壇を設置する際に、そこに安置されるご本尊様にお家や御家族・御先祖様を護るために眼をお開き鎮座ください。と行う儀式なのです。

そのため仏壇開きや開眼供養は、慶事になるのです。

一般的にいつしなければといった日時はありませんが、多くは四十九日の法要か、一周忌の法要と合わせて行う事が多いです。
これはお仏壇を買うタイミングがその時期が多いからというのも理由の1つかと思われます。

開眼供養にあたって必要となるもの

開眼供養にあたって、必要となるものを予め揃えておく必要があります。

一般的なお参りの際に使うロウソクは白を使いますが、開眼供養は先ほども述べたように慶事でおめでたい行事になるため白のロウソクではなく、朱のロウソクを使いますので、これを用意しておくようにしましょう。

また、おめでたい儀式となりますので、お供え物としてはそれに合わせた下記のようなものを揃えておくのが一般的です。

  • お餅
  • お赤飯
  • 乾燥昆布やわかめなどの海の幸
  • 乾燥椎茸など茸類や栗などの山の幸
  • 野菜や果物などの里の幸

お仏壇のサイズなどによっては高月などの仏具がない場合もありますので、そのあたりは臨機応変に対処するようにしましょう。

実際の開眼供養の主な準備と流れ

実際の主な準備するものや流れを解説してみたいと思いますが、厳密に言えばこの流れなどはそれぞれの宗派によって異なる部分がでてきます。

あくまでも下記に説明する部分は代表的な流れとなり、細部は宗派やお寺の方針などで変わる事もありますので、予めご了承ください。

  1. 仏具の仏器に当日炊いたご飯を盛る
  2. 花立にお花を御供えする(花立が1つなら1つ、花立が2つなら2つ)
  3. 朱色など赤色のロウソクを用意する
  4. お仏膳に料理をそれぞれ御供えし、お箸は仏壇を向くように置く
  5. 高月や供物台に果物やお菓子を御供えする

実際には各宗派によって行う事や準備も異なりますので、菩提寺などと相談し日程を取り決めた上で行っていくようにしましょう。

決まったお寺がないなどの場合は下記サービスの「てらくる」もオススメです。
今の時代は菩提寺など決まったお寺が無い、交流がないという人も増えています。
そういった方向けに、自宅まで来てくれて開眼供養も行ってくれるサービスで、宗派毎にしっかり対応しているので安心です。
法事・法要の寺院手配サービス【てらくる】


【PR】ひだまり仏壇

お盆時期やお彼岸に合わせて、仏壇や仏具・位牌を揃えるなら、“ひだまり仏壇”さんが必要なものから徹底解説までされていておすすめです。
お仏壇やお位牌・各種仏具のネット通販専門店|ひだまり仏壇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事を読んだ人におすすめの記事

初盆とは?いつ?迎える準備や用意と御供えやお布施と宗派での違いなど
夏の風物詩の一つである「お盆」は、様々な仏教行事の中でも、日本人にとって親しみやすい行事です。 正式名称を「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といい、お釈迦様の弟子であった目連が、地獄に落ち ...

創業50年の仏壇店とネット専門の創業3年の仏壇店、どっちで買うのが正解?
お仏壇選びにおいて非常に大切になってくるのがどこで買うかです。 これは仏壇店に限った話ではありませんが、何かを買う時、そのお店のスタッフが必ずしもその専門の人かどうかというのはわか ...

お仏壇の継承・引き継ぎ – 相続と祭祀財産や長男と祭祀継承者の問題などの解説
お仏壇と言えば昔なら一生に一度のお買い物と言えるほどに、どの家にも仏壇があった時代であったと言われています。 しかしながら、今の現代においては様々なライフスタイルが変化しました。 ...

お仏壇の天井 – 天井の造りや彫りの違いと特徴や吊り仏具を祀る際の注意点
古来から伝わる造りのお仏壇は、細部にわたって装飾が施されている芸術品としての価値も内包しています。 もちろん仏壇のランクなどによりはしますが、高級仏壇などでは彫や構造など職人技と言 ...

お仏壇の毎日のお参り。朝や昼、寝る前の御供えや宗派の違いはあるのか
お仏壇を初めてご自宅にお迎えしてから心配になるのが、毎日のお参りのことです。 実家などに安置されているお仏壇については、朝昼夕とねんごろに供養を行うイメージがありますが、実際のとこ ...


Page Top